スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
まだ死んでいない…今は生きている
060308_01_zabuup.jpg

しぬ 【死ぬ】(動ナ五)[文]ナ四・ナ変 し・ぬ

(1)呼吸や脈がとまり命がなくなる事。⇔生まれる事。「寿命をまっとうして死ぬ」「病気で死ぬ」「命死ぬべく恋ひ渡るかも」
(2)活気がなくなる。いきいきとした勢いをなくしている。「死んだ字を書く」「目が死んでいる」
(3)そのものの持つ力が発揮されなくなる。役に立たなくなる。「右の利き腕が死んでいる」「素材の持ち味が死んでいる」
(4)動きが止まる。 「今朝は東にも西にも全く風は死んでゐる/日本北アルプス縦断記(烏水)」
(5)囲碁で相手に自分の石を囲まれて取られる。 「隅の十目が死ぬ」
(6)野球でアウトになる。⇔生きる「同点の走者が死ぬ/可能]しねる
────────────────
(活用は古くはナ行変格活用であったが、中世後期ごろからナ行四段に活用した例が見られるようになる。近世には、四段活用化が進んだが、近世前期の上方語では、四段活用とともにナ行変格活用もなお用いられた。近世後期の江戸語では、四段活用が主流となったが、なお一部にはナ行変格活用も用いられた。明治以降は四段活用がいっそう一般化し、現代語では「しぬ(死ぬ)」の活用は、一般に五段活用(四段活用の改称)とされている。もっとも、明治以降でも、「死ぬること」などの形で、ナ行変格の残存形がときに用いられることがある)
────────────────
[慣用] 畳の上で死ぬ/死なば諸共(もろとも) /死ぬときは一緒だ。連帯の意あるいは最後の開き直りの意で言う。/死ぬ者(もの)貧乏(びんぼう) /生きていればいつかはいいこともあろうが死んでしまった者は最も損であるということ。/死ぬる子は眉目(みめ)よし /早死にする子はとかく器量がよいものだ。/死んだ子の年を数える /どうしようもない過去のことについて愚痴をこぼすことのたとえ。死児の齢(よわい)を数える。/死んでの長者(ちようじや)より生きての貧乏 /死んで金持ちになるより、貧乏でも命のある方がよい。/死んで花実(はなみ)が=咲く(=なる)ものか /死んだら再びよい目にも会えない。死んでしまったらおしまいだ。/死んでも命(いのち)があるように/生への執着が非常に強いことにいう。危険なときなどに死にたくない気持ちをおどけていう場合にもいう。死んでも死に切れない /非常に残念でこのままでは死ぬことができない。
060308_02_zabu.jpg

(1)呼吸は止まったりするが脈は止まってないのでまだ生きている。「まだ大阪城も服部緑地も行っていないので寿命はまっとうしていないので生きているとする」「死んではいないチョットスゴイ病気だ」「命死ぬべく恋ひ渡るかもはそうかもしれない」
(2)活気はまだある。いきいきとした勢いはなくしているがイキイキとはしている。 「死んだ字を書く?ザブングルはもともと字を書けないので生きている。」「目が死んでいる?イヤ…目はまだ生きている」
(3)そのものの持つ力が発揮されなくなる?イヤ…ザブングルとしての持ち味は存分に発揮している。ザブングルの持ち味はそんな格好の良いものは一切ないはずだ。役に立たなくなる?は?ザブングルはもともと役になんて立たない…そんな便利なツールなどではない。「右の利き腕が死んでいる?オンブもダッコも今だ健在だ。しかもザブングルは右脳使いの左効きだ」「素材の持ち味が死んでいる?いぬとしては十分過ぎる程機能している。」
(4)動きが止まる?まだ動いているので生きている。 「今朝は東にも西にも全く風は死んでゐる?今朝も2階と3階を行ったり来たりしていて風邪なんてひいていないので生きている」
(5)囲碁で相手に自分の石を囲まれて取られる?ザブングルはオセロしか出来ないし石を取られても怒らない。まあ~たまに来るヨソモノに散歩の陣地は取られているが別にそれはそれで一向に構わないと思っている。「隅の十目が死ぬ?オレのマクラがヨダレと鼻水で死んでいるのでチャックも編み目も今だ健在だ」
(6)野球でアウトになる?ザブングルはサッカー選手なので野球では死なない。⇔生きる?ザブングルは今はレギュラーで生理中だ! 「同点の走者が死ぬ?何を訳分からん事言うとんねん」[可能]しねる?殺してなるものか!
────────────────
[慣用] 畳の上で死ぬ?ウチはフローリングだ!/死なば諸共(もろとも)?アホか! /死ぬときはいっしょだ。連帯の意あるいは最後の開き直りの意で言う?アホか!一緒に生きるのが目的なんぢゃ!死んだら一緒に生活した喜びを思い出されへんやないかボケ!/死ぬ者(もの)貧乏(びんぼう) ?生きてるから貧乏なんぢゃ!/生きていればいつかはいいこともあろうが死んでしまった者は最も損であるということ?は?生きてるからいつか死ぬんであっていつかはいい事あるわとか思って生きてる奴は生きてても死んでる様なモンで生きてても死んでるのと一緒なんぢゃ!/死ぬる子は眉目(みめ)よし?意味わからんわボケ! /早死にする子はとかく器量がよいものだ。ウチのザブングルは要領も悪いし態度も悪い…器量の良いトコなんてみた事ないぞ!だからまだ生きているんだ!/死んだ子の年を数える?今8才ぢゃ!死んだらカウント終わりぢゃ!人生は終わりから数える引き算やなくて生まれてから数える足し算で数えて行くんぢゃ!/死んでの長者(ちようじや)より生きての貧乏 /死んで金持ちになるより貧乏でも命のある方がよい。それはそうだ!その通りだ!たまにはエエ事言うやんけ!/死んで花実(はなみ)が=咲く(=なる)ものか。それもそうだ。/死んだら再びよい目にも会えない。死んでしまったらおしまいだ。イヤ…おしまいではないぞ。オレの心で一生生き続けさせるんやから死んでも終わりやないぞ!何ならオレが死んでも終わりやないぞ!/死んでも命(いのち)があるように。そうだ。そうなんだ。死んでも命はあるもんだ…そうなんだ。/生への執着が非常に強いことにいう。危険なときなどに死にたくない気持ちをおどけていう場合にもいう。そうぢゃ…だからオドケテるんぢゃ!めちゃめちゃ執着してるっちゅうねん生きるっちゅう事に。/死んでも死に切れない。イヤイヤ…死に切れるけど死んで欲しくないだけやろ…/非常に残念でこのままでは死ぬことができない…それはザブングルに聞いてみてくれ…オレは普通に生きてるんやから…。
060308_03_gam.jpg

いきる 【生きる】(動カ上一)[文]カ上二 い・く

(1)人・動物などが命を保つ。生存する。⇔死ぬ 「百歳まで生きるつもりでいる」「羊は牧草だけを食べて生きている」

(2)生活する。暮らす。文学的な表現として「…に生きる」「…を生きる」の形で、生活の場所・場面・時間を示すこともある。「常に前途に希望を抱いて生きる」「当時は女が一人で生きてゆくのは大変だった」「彼は海に生き海に死んだ」

(3)(「命を生きる」など命を表す語を目的語として)一生を送る。やや文学的表現。「限られた命を精いっぱい生きる」「一生を貧しい人たちのために生きた」

(4)(「…に生きる」の形で)そこに生きがいを見いだして暮らす。 「芸一筋に生きる」

(5)死んだ者失われたものの名残や影響が残る。「死んだ夫はまだ私の心の中に生きている」「先代社長の経営哲学は今なお生きている」

(6)(「活きる」とも書く)そのものがもっている本来の機能・能力が発揮される。有効に働く。⇔死ぬ 「一〇〇年前の条約がまだ生きている」「ちょっとした塩加減で料理の味が生きる」

(7)(普通「活きる」と書く)囲碁で、一連の石が二つ以上の独立した目をもつ。⇔死ぬ/隅の黒石は―・きている」

(8)野球で塁に出た選手がアウトにならずにすむ。⇔死ぬ 「サードのエラーで生きた」
────────────────
〔上代・平安時代は四段活用。中世以降、次第に上二段活用になった〕生きた心地(ここち)もしない。生きているような気がしなくなるほど恐ろしいまたは苦しい。生きた空もない「生きた心地もしない」に同じ。
060308_04_miti.jpg

あい 【愛】(1)対象をかけがえのないものと認めそれに引き付けられる心の動き。また、その気持ちの表れ。(ア)相手をいつくしむ心。相手のために良かれと願う心。「子への愛」「愛を注ぐ」「愛の手をさしのべる」(イ)異性に対して抱く思慕の情。恋。「愛が芽生える」「愛を告げる」「愛をはぐくむ」(ウ)何事にもまして大切にしたいと思う気持ち。
「学問に対する愛」(2)キリスト教で神が人類を限りなく深くいつくしむこと。→アガペー(3)〔仏〕 人や物にとらわれ執着すること。むさぼり求めること。渇愛。(4)他人に好ましい印象を与える容貌や振る舞い。あいそ。あいきょう。 「阿呆口たたけば夫が―に為つて/滑稽本・浮世風呂 」(4)――に愛持・つ かわいい上にもかわいい。愛に愛らし。「裾に前垂ほやほやと―・つ鮎の鮓/浄瑠璃・千本桜」
060308_05_taberu.jpg

ありがとう【有(り)難う】〔形容詞「有り難い」の連用形「有り難く」のウ音便〕感謝の気持ちを表す言葉。感動詞的にも用いる。 「教えてくれてありがとう」「どうもありがとう」「ありがとう…ありがとう…ありがとう…」
スポンサーサイト
Dog_01 |comment(0) |trackback(0) |
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shinyaman.blog43.fc2.com/tb.php/61-675eca58
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<!--アクセス解析タグ ここまで-->