スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comment(0) | trackback(0)|
2月25日(土)K氏とのお話し
060225_.kumesan_400.jpg

2月25日(土)夕方2時30分K氏と面談させてもらう事になった。間を取り持ってくれた人間とはある程度以上のコミュニケーションは取れているけどK氏とは初めてだ。噂によると恐ろしい程クセのある性格らしいが人間なんてモンは会ってみないとどうにも言えないので話し半分に聞き流していた。昼の2時に紹介ブローカー?と待ち合わせをしてミナミに向かう。K氏のオフィスは市場の中にあった。扉を開けると我が愛しのアインシュタイン大先生のポスターが貼ってあった。もうこの時点でウサン臭い(笑)っちゅうか相当のハッタリ野郎か本物のバカかのどちらかだ(笑)小泉今日子のポスターなら笑えるしほしのあきならドン引きでバカに出来る。しかしアインシュタインだ!相対性理論のアイン様だ…。うぅ~んK氏とは一体どんなヤツなのだ…。

「はじめまして」初のK氏との顔合わせ。K氏はとてもウサン臭く悪魔の匂いがプンプンしていた。ちょっと昔のヤンキー(?)のルックスで顔だちは穏やかだが眼の奥に笑いはなく鋭い洞察力でオレを見ていた。キョロキョロしながらK氏を観察してみるとなかなかどうして男前だ(笑)モニターには英文のメール表示がされているとこを見ると少し自己主張の強い部分もある様だ。着信メールの表示には海外文字も多く見られ見せつける訳ではないがが画面にはテキスト表示も隠されていた。

そうそうK氏との面談は【HF_Masサウンド】(本名称公表不可)の法律と権利取得(特許申請)の相談をさせてもらう為だ。我輩が発明?した超ビックリスペシャルサウンドの特許取得の間を取り持ってもらう為の面談だがアチキはそんな難しい事は考えれないのでとりあえず自慢しに来た(笑)

改造ラジカセを見せてRe_masteringした音源を聴かせて【NoE】をプレゼントして高周波の事を喋った。K氏は結構ノリ気を見せてくれた。国際特許の事や知的何とか所有権とかの説明もしてくれた。K氏のシャベリはとても丁寧で口調も柔らかい。つまらない自慢話しにはならない程度の自己主張もしてくれて結構快適にコミュニケーションが取れた。会話の中には結構なタレントさんの名前が出て来たり大きな仕事の話しや企業の名前も出てきた。今回の【HF_Masサウンド】についても親身になっていろいろ話しをしてくれた。さて…。

しかしながらウサン臭い(笑)顔は男前だが表情は超ワルな感じがビンビン伝わってくる(笑)眼はタレ目で笑っているがニコッとした瞬間はもう次ぎの事を考えているキレ者である…。ソッポを向いた時には次ぎの会話の出鼻をこしらえているし上を向いた時はアチキの会話の切り返しを探っていた。何せ頭の回転が早い。アチキの会話には反論はせずにいったん飲み込んで自分の意見を主張する。でもその主張する時にもアチキの表情を捕らえて確認しながら自分の会話を組み立てて行くのが分かる。この男はブッチギリに頭が良い。

さてK氏を探ってみよう。性格はキツめだ。甘えたの表面も見えるが人間関係には厳しそうだ。誉めるのが上手くて争いそうな会話には快適な助動詞で方向転換を計れる。裏表は無いが白黒もあまり無い。グレーゾーンの使い方が上手くてバランス感覚に優れている。戦国武将なら殿様というより間を取り持つ参謀といった感じだ。よく気が付いてアチキの行動もよく見ている。余計な動きも見せずに生意気に構えるわけでもない。自分の立ち姿(ポジション)をよく研究していて見られ方(見せ方?)もよく知っている。癇癪は持ってなさそうでテンションを上げ切ると逆に冷静に考えれる頭脳を持っていそうだ。突飛もない考えをする時には1KHz中心の声が2KHzに倍音が上がる。っという事はウソは上手いがウソを付くのが面倒臭いタイプだ。200Hzの倍音が出ている時の声と400Hzの二種類が低音部分にある。恐らくある程度の主張する台詞を持っているのだろう。異性関係は無理をして無茶はしないタイプだ。高々域が出る時と高中域の二種類の声を持っている。相手への主張距離を何種類かに使い分けていて争いを好まないタイプだ。うぅ~ん。何者なんだ(笑)

でも良い(笑)この男はメチャ良い。超ウサン臭い雰囲気を漂わしているけどこのK氏は良い(笑)何てったって男前だ(笑)顔だちも整っているし礼儀もマナーも出来ている。ちょっとした人格者並みの表面も見隠れしている。あっ!ウソは上手そうだが騙すのは苦手そうだ(笑)うぅ~ん良い。今回の話しが半分嘘であったとしても良い。9割り嘘でもこのK氏は良い。うぅ~ん何とか口説けんもんか…。

アチキはバカの職人で営業能力は一切ナッシングだ。人間の間に入るのも出来ないし犬以外とコミニケーションが取れない(笑)K氏は商人気質も持っていそうでアチキを上手く転がしてくれそうだ。うぅ~んK氏は良い。大変良い。

さてさてどうやって口説き落とそうか…。そして仲良しになってからどうやって細く長く付き合って行けるのだろうか…。これは相当考えなければならない。まず呼び方だ。K氏は愛想も良く「Kさんって呼んでや」って言っていたがそれはダメだ。何か同じ目的を持っている時や少し高いテンションの時なら問題は無いが何かのトラブルやもめ事になった時には両方折れそうな可愛い性格ではないので必ず破局を迎える争いになってしまう。うぅ~ん。っちゅう事はアチキが下に配置した方が日頃は少しぎこちないかもしれないが何かあった時にはスムーズに乗り越えられるっちゅう事だ。まず呼び方は「Kさん」か…。イヤ…コレはダメだ。直接的な名詞は意見の対立の時に火柱を大きくしてしまう。「社長」うぅ~ん。温いテンションの時に溝が出来てしまって仲良しになれない雰囲気になるぞ…。「アニキ」うぅ~んイイなぁ(笑)もめ事の時も使えるし話し合いでも大丈夫だ。兄さんより立場をハッキリさせる事が出来るし尊敬の念も打ち出せる。アニキか…。メロディーはドシラと上から下りてくるよりミドソのイントネーションを付けた方が尊う気持ちが出てイイかも。周波数帯域は400Hzを中心に倍音800Hzに持ってくるのがイイなぁ…。他人が挟まる時には名字呼び捨てで本人にはアニキ…。うぅ~んナイスアイデアかも…でも呼び方はスッゲ~大切だからもっと考えなくては…。

何にせよナイスな人間と知り合った。今回はこの人に賭けてみたいなぁ…。【HF_Masサウンド】が実現しなくても失敗してでもこの人にやってもらいたいなぁ…。ごっついエエ男っぽいし渡り歩きも上手そうだ。現金は持ってなさそうだが大金は動かせそうだし(笑)闇も暗がりも強そうだし何せ男前だ(笑)アチキは人間でも動物でもブサイクはキライだ(笑)

さて【HF_Masサウンド】…。早く本当の名前を公表したいモンだ。そしてK氏の話しの半分でも実現すれば本当に世界の音楽は変わるやもしれない。世界特許…国際基準…ドルビーに変わる新しいサウンドフォーマット…。なので今はサンプルになる音源を作り続ける事とK氏を取り込む事に全力を費やさねば…。K氏には絶対服従の意味も込めてアニキと慕う事にしよう。ミジンの様なもめ事も避けてスムーズな進行で特許取得に燃えて行こう。Kアニキはアチキが持っていないいろんな何かを持っている。Kアニキは上手くアチキを転がせそうな雰囲気を持っている。だからもう少し頭を垂れた姿勢でお話しをさせてもらおう。これからはもう少し大人しい姿勢で話しをさせてもらおう。パッと写真を撮ってみたらアチキは何と生意気な態度をしているのか…(笑)ビックリしたぢょ(笑)

さてさて…これからまたどんな進展を見せるのやら…。自分が一番楽しみだ(笑)
スポンサーサイト
Music |comment(0) |trackback(0) |
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://shinyaman.blog43.fc2.com/tb.php/50-29a91db6
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
<!--アクセス解析タグ ここまで-->